リノベーションだからできる収納の最適化。暮らしやすくなる収納計画のポイント



住まいの悩みのひとつに「収納」があります。油断すると一気に増えてしまう物。収納が足りなければ、たちまち居住空間を圧迫してしまいます。


そうならないためには物量を把握することが大切。他にも予定外の貰い物やストック品の補充など、一時的に保管場所が必要になることもあるでしょう。


収納に「余白」をつくっておくことで、収納にも暮らしにも余裕が生まれます。



「物」から始まる、リノベーションの収納計画


昔ながらの収納として挙げられるのが「押し入れ」。布団を始め多くの物を収納できますが、奥行きが深いので入れるのも出すのも一苦労です。決して使い勝手の良い収納ではありません。


また賃貸住宅や建売住宅では、備え付けのクローゼットの大きさに合わせてラックや引き出しを購入し、物を納めていきます。

「物」の方が収納に合わせなくてはならず、思い通りに収納できないと感じることもあるでしょう。


リノベーションにおいて、収納計画は「物」からスタートします。


所有する物のサイズと量を把握し、適切な場所に収納をプランニング。自分の暮らしに合わせて収納をカスタマイズできるのがリノベーションのメリットです。



暮らしやすさをつくる「分散収納」


ライフスタイルが多様化し、共働き家庭が増えた現代。さまざまな視点から家事の効率化が求められています。


家事をサポートしてくれる便利家電や住宅設備は欠かせない存在に。収納も例外ではなく、家事の効率化には収納の最適化が求められます。


「暮らしやすい」と感じる収納は、適切な場所に適正な量の収納があります。押し入れのように容量が大きければ良いのではなく、小さなスペースでも必要な場所に収納があることが大切です。


例えば、タオル。ご家庭によって収納場所はさまざまだと思いますが、タオルを最も使う場所は洗面所と脱衣所です。いずれかの場所に、タオルをたっぷり収納できるリネン庫を設置できると良いですが、洗面台にタオルを収納するだけでも便利になります。


もし、隣にドラム式洗濯乾燥機があれば、洗濯乾燥が済んだタオルをすぐに洗面台に収納できるので家事動線の短縮につながります。



生活の自然な流れの中で、スッと出せてサッと片づけられる。

動線を考慮した「分散収納」が快適な暮らしをつくります。


取り出しやすい「オープン収納」、美しく整う「隠す収納」


収納には「好み」があります。


ひと目でどこに何があるか分かり、すぐに物を取れる「オープン収納」。ホコリがつきやすいデメリットはありますが、使いやすさで人気のある収納方法です。


「隠す収納」は雑多な生活用品を収納していても、扉を閉めれば生活感を消すことができます。収納とインテリアの調和を求める方におすすめです。


どちらを選ぶか迷う場合は、出し入れの「アクション数」で考えてみてはいかがでしょうか。物にたどり着くまでの手間数で使いやすさを判断します。


  • 扉を開ける。収納の蓋を開ける。物を取る → 3アクション

  • 扉を開ける。蓋のない収納から物を取る → 2アクション

  • 引き出しを開ける。引き出しから物を取る → 2アクション

  • 扉も蓋もない収納から物を取る → 1アクション


基本的には戻す時も同じアクション数になります。


もちろん全て同じ収納方法にする必要はありません。リビングは隠す収納でインテリア性を重視し、子ども部屋はオープン収納で使いやすさを大切にするなど、場所によって使い分けましょう。



リノベーションに取り入れてみたい収納アイディア


家電の収納


便利な家電が増えるにつれ、悩ましいのが置き場所の問題。コンセントから電源コードが何本も見えるのは美しくありません。

また、コンセントや電源コードにはホコリがつきやすく、トラッキング火災を招くこともあるので注意したいポイントです。


例えば、ロボット掃除機。稼働時以外は充電しておくものですが、場所を取るので置き場所に困っている方もいるのではないでしょうか。

リノベーションするなら、造り付け収納に置き場所をつくってしまうのも一案です。


収納の内部にコンセントを設置し、ロボット掃除機を置けるように収納の下部をフリースペースにします。放熱と出入りのために、一部をオープン収納でつくりましょう。


他にもモデムやプリンター、見せたくない家電は多いものです。熱がこもらないように工夫する必要はありますが、使用頻度によっては家電を収納するという方法も検討してみましょう。



玄関の土間収納

玄関に広いスペースを使うのは、もったいないと感じる方もいるかもしれませんね。

ゴルフクラブやスキー、サーフボード、自転車などアウトドア系の趣味が多い方には必須の土間収納ですが、アウトドアの趣味がない方にも便利な場所になります。




  • 届いてもすぐに開梱できない宅配便の荷物

  • 宅配便を開梱した後の段ボール

  • ベビーカーや子どもの自転車、外遊びのおもちゃ

  • 泥のついた野菜

  • 外出の際に着た上着やジャケット

  • 濡れたレインコート


このように、室内に入れるのに躊躇する物は意外と多くあります。

家族構成やライフスタイルによって必要な広さは変わってきますが、狭くても土間収納があると重宝するでしょう。



バランスの良い収納計画で暮らしを快適に


「物」には大切な物もあれば、生活に必要でやむを得ず保有する物もあります。

保管する物と、消費する物。

見せたい物、見せたくない物。

いろんな角度から「物」と向き合い、収納をプランニングしていきましょう。


収納には「余白」も必要ですが、収納が多すぎると物が増える原因になります。適切な収納量はリノベーションのプロにご相談を。一緒に収納の最適化を目指しましょう。