リノベーションに使えるフローリングの種類や特徴、施工方法について!


住まいに使うフローリングには自然素材として人気の無垢材、コストパフォーマンスに優れる合板材などがあります。どちらも、新築、リノベーション問わずよく使われますが、リノベーションでは施工法によって向いている床材も異なります。

今回は、フローリングの種類や木材の特徴、リノベーションでの施工方法などをご紹介します。



フローリングの種類

フローリングには、「無垢材」「合板材」があります。


無垢材

無垢材は天然木材そのままから作られたフローリングです。自然素材ですから、調湿作用に優れており、梅雨時や真夏の湿度の高い時期には湿気を吸収し、さらりとした肌触りで心地よく過ごせます。冬場の乾燥時には、湿気を放出してくれて快適な住環境の維持が期待できます。また、樹種によっては殺菌効果に優れたものもあります。


自然の温もりがあるため、冬場でも足元がヒヤッとしないことも特徴です。柔らかい樹種のフローリングなら、足腰への負担も少なく高齢者にも優しい素材です。


合板材

合板フローリングは複層フローリングともいわれ、複数の薄い木材を重ねて貼り合わせて作られたフローリングです。表面には無垢の突板が貼られていることが多く、見た目は天然素材と変わらないものもあります。


合板フローリングは種類にもよりますが、比較的に安価でコストパフォーマンスに優れています。また、表面がコーティングされていることが多いためキズに強く、水をこぼしても染み込むことが少なくメンテナンス性がよい素材です。



木材の種類と特徴

ここからは、木材の種類と特徴をご紹介します。主に無垢材を使う際に参考にしてください。


オーク(ナラ材)

オークはフローリング材として人気が高く、よく使われる樹種です。落ち着きと高級感のある木目で、ヨーロッパでは家具にも多く使われています。適度な硬さがあり無垢材としてはキズにも強いです。

「渋み」のあるナチュラルな色調、深みのある表情はさまざまなスタイルの部屋にマッチします。


ウォルナット

ウォルナットは、高級感のあるはっきりした木目が魅力的な樹種です。フローリングはもちろん、家具にも多く使われていて馴染みのある木材です。濃い茶系の色調が特徴で、シックなスタイルの部屋づくりには欠かせない木材でしょう。適度な硬さがあり木目が美しく人気があります。


チェリー(カバ材)

チェリーは少しピンクがかった赤味のある色調が特徴の樹種です。緻密で滑らかな木目で、柔らかく優しい雰囲気づくりにはぴったりの木材です。オークは少し黄みがかった色調、チェリーはほんのり赤味がかった色調と、実物で比較すると印象が異なるため、好みで選んでもよいでしょう。適度な硬さですが柔らかさもある木材です。


パイン

パインは日本のマツ科で、一般的に使われているフローリングレッドパインで輸入品が多いです。クセのないナチュラルな風合いで、コストパフォーマンスに優れており人気があります。無塗装でそのままの風合いでもよいですが、塗装がしやすくため自分好みの塗装を施す場合に向いています。木材としては柔らかめですから犬や猫などペット飼育ではキズに気を付ける必要があります。


杉は日本に生息する樹種として代表的なものです。クセがなく加工しやすいためフローリングに限らず、住まいのあらゆる箇所で使われます。柔らかい木材であるため、足腰に不安がある高齢者には向いています。比較的に安価といわれていますが、節ありと節無しでは価格に幅があり、節無しは高級素材です。



リノベーションの施工方法

フローリングをリノベーションするには、「張り替え」と「上張り」のふたつの方法があります。


張り替え

既存のフローリングを剥がして新しいフローリングを貼ります。床下の下地の状態も確認できるため、不具合をしっかりと対応したい場合などにおすすめです。


上張り

既存のフローリングの上にそのまま貼る方法です。解体時のゴミ処分がなく施工期間も短期間で済みます。場所にもよりますが一段高くなるため段差ができる可能性があります。また、畳に上張りすることはできません。



まとめ

今回は、リノベーションで使われるフリーリングについて、種類や木材の特徴などをご紹介しました。樹種によって風合いも硬さも微妙に異なります。自分たちが作りたい雰囲気の住まいにするには、雰囲気にマッチした木材選びがポイントです。


とはいえ、どんな木材を選べばよいか自分たちで判断するのは難しいかもしれません。そんなときは、木材の特徴をよく知るプロに相談しながら、デザインも含めて相談し、素敵な住空間を実現してみてはいかがでしょうか