知っておきたい!自然素材を使った住まいのメリット・デメリットとは?



自然素材を使った住まいを計画している方の中には「自然素材のメリットはなんだろう」「お手入れが大変なのでは?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

自然素材に対しての良いイメージは持っていても、実際にどんな特徴があるか詳しく理解している方は少ないかもしれません。


今回は、自然素材の特徴やメリット・デメリット、使うときの注意点などについて詳しくご紹介します。自然素材の家を検討している方は、ぜひ参考にしてください。



自然素材とは?

住まいに使われる自然素材とは、主に「木」「土」「紙」「塗料」などを指しています。自然界に存在するものであり、化学物質を含まないものが基本です。


「木」は無垢フローリングや天井、壁の羽目板仕上げなどで使われることがあります。「土」は珪藻土などの左官材に用いられます。また、タイルなどの陶器類も土が原料になっています。


「紙」は紙クロスや障子などで使われることがあります。「塗料」は無垢材を使うときの仕上げとして使われることが多く、着色するタイプやオイル仕上げのように自然な艶を与えるタイプが主流です。


無垢材を使っていても、塗料に化学物質系を塗ってしまえば自然素材の良さを生かしきれないこともあります。無垢材に塗装するときは自然塗料とセットで使うのがよいでしょう。


いずれの素材も有害物質を発生するものではないため、高気密・高断熱で密閉度が高い住宅でも、健やかな住環境を維持するためには非常に適しています。天然素材であることから、持続性可能な素材でありリサイクルもしやすく環境にも配慮した素材といえます。



自然素材のメリット

住まいに自然素材を使うことで、次のようなメリットがあると考えられます。



身体にも環境にやさしい

自然素材には調湿作用があります。湿気が多いときは湿気を取り込み、乾燥しているときは湿気を吐き出します。梅雨から夏のジメジメした季節でもカビが発生しにくく心地よい住環境が維持されます。

素材によっては極めて消臭効果が高いものがあります。トイレの壁などに使うと殺菌・消臭効果が期待できます。


天然素材ですから、廃棄するときに有害物質が発生することもありません。リサイクル性に優れているため環境にもやさしいことが特徴のひとつです。


独特の素材感

一般的な建材とは異なる、自然素材ならではの質感が魅力です。無垢の床材はさらりとした肌触りと自然の温もりで、1年を通して素足で気持ちよく過ごせます。

珪藻土や漆喰などの左官材で仕上げた空間は清涼感があり、消臭効果も期待できます。障子など紙素材は、通気性がありながらも一定の保温性を発揮し、見た目のデザインも優れています。


趣きのある空間になる

自然素材の住まいは、素朴な質感が古くなっても味わいが感じられて趣きのある空間になります。一般建材が古くなると「汚れている」「古い」という印象に映るものですが、経変変化も「味わい」として捉えられるのがメリットといえます。


加工や補修がしやすい

自然素材はさまざまな形に加工できるのも魅力です。既製品とは違い、自分好みのカタチに作れる愉しみがあります。自由な長さやカタチでカットしたりできるのは自然素材ならではです。


また、自然素材はメンテナンスが難しいと考えている方も少なくありませんが、実は補修もしやすい素材です。

たとえば、無垢の床に傷がついてしまったとき、表面だけの傷ならヤスリで平坦にすることが可能です。物を落としたときのへこみなら、蒸しタオルを当てて木材を膨張させる方法があります。左官壁に汚れが付いたときは、表面だけなら消しゴムを使って落とすことも可能です。素材の特徴に合わせて手軽なメンテナンスも可能です。



自然素材のデメリット

「魂は細部に宿る」とよくいわれますが、なんとなく心地さを感じる空間は、細部にも気を配った繊細な仕上がりになっていることが多いです。



傷がつきやすい

天然素材であるため、一般建材と比べると傷がつきやすいでしょう。もちろん、メンテナンスをしながら使うことで美しく長持ちさせることができます。床材であれば、堅い木と柔らかい木があり、ペットを飼育する家庭では傷がつきにくい堅い木がおすすめです。使う環境に合わせて素材を選ぶのがポイントです。


経年変化する

自然素材は素材により経年変化があります。特に木材は新しいときと比べて色の変化が起きやすい素材です。樹種にもよりますが、一般的には少し赤みがかったり色味が濃くなったりします。とはいえ、経年変化により自然の「艶」が生まれます。色味の変化や艶が味わいでもあり魅力のひとつでもあるでしょう。


一般建材より割高なことも

使う素材にもよりますが、一般的な建材よりも割高になることが多いでしょう。工場で大量生産される工業品と違って、自然素材の加工は昔ながらの職人さんが手掛けることが多く、手間がかかり一定の技術力が必要です。職人さんの労務費がコストに反映されるため、割高となることがあります。



自然素材を使うときに理解しておきたいこと

自然素材は、快適な住環境を維持するには最適な素材です。また、雰囲気のある空間を作るときにも活躍してくれる優れものといえます。ぜひ取り入れてほしい素材のひとつですが、使うときには次のようなポイントを理解しておきましょう。


素材は特徴や使い方に合わせて選ぶ

素材の特徴に合わせて、適材適所な使い方をすることが大切です。ペット飼育の家庭で傷をつきにくくしたいなら堅い木材を使う、高齢者の住まいなら足腰への負担が少ない柔らかい木材を使う、外部のウッドデッキなら雨にも強い木材を使うなど、素材を活かした使い方がおすすめです。


自然の経年変化を理解する

珪藻土などの左官材は、場所により割れやヒビが出る可能性があります。下地となる木材が乾燥によって収縮すると、壁も引っ張られてヒビが入ったりします。自然素材ならではの変化でもあり、割れやヒビを完全に防ぐことは難しいでしょう。割れを防ぐために左官材に「樹脂」を混ぜている素材もあります。樹脂が入っている左官材は100%天然素材とは調湿効果などが異なるケースもありますので、使う素材の成分や特徴を事前に確認して選びましょう。


長持ちさせるにはメンテナンスが必要

自然素材はきちんとメンテナンスすれば素材の機能性が持続し、美しさも長持ちします。メンテンス状態のよいアンティーク家具は、数十年経っても十分使えます。左官壁などはそのままで十分に長持ちしますが、室内床の場合は自然系ワックスでのお手入れがおすすめです。


やフェンス、その他の木部は定期的に塗装することで劣化を最小限に抑えて長持ちします。一般建材の場合は、劣化すると交換するというのが多いものですが自然素材は、お手入れをすることで再生できる点がポイントです。長持ちすることで、結果的に長い目で見た時のメンテナンス費の負担が少なくなります。



まとめ

今回は、住まいの素材として検討される自然素材について、特徴やメリット・デメリット、注意点などについてお伝えしました。目的に合わせて適切な素材を適切な場所に使うことにより、自然素材の良さを十分に生かすことができます。

また、素材の質感がもたらす魅力的な住空間は一般建材ではなかなか表現できないものです。素材の特徴をしっかりと理解して、理想の住まいを実現しましょう。


どんな素材を選べばよいか自分たちだけではわからないときは、自然素材の家を取り入れている施工会社に相談してみましょう。イメージにぴったりな素材をプロの目で提案してくれます。実績豊富な施工会社で理想の住まいを実現しましょう。