後悔しない土地探しの基礎知識!リノベーションや住まいづくりの前に知っておきたいこと。



土地探しは住まいづくりの第一歩ともいえます。最近はインターネットを活用するとたくさんの情報を短時間で集めることができてとても便利になりましたが、「希望通りの土地」を見つけるためには、どんなことに気を付ければよいか、不安な方は多いのではないでしょうか。


今回は、土地探しの方法からよい土地の見分け方、予算内で土地を見つける方法、土地探しの注意点などについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。



土地探しの方法

具体的に土地探しをはじめる場合、パッと思いつくのは「不動産会社の情報を得る」ことでしょう。まずは、全国の不動産情報を集約している大手不動産会社のポータルサイトで地域の土地情報を閲覧します。


希望地、希望予算、希望面積などを入力しながら相場感にも注目します。


ポータルサイトに登録されている情報は、個々の不動産会社が持っている全てではないことも考えられます。土地の所有者によっては、物件を公にしてほしくないという考えの方もいますので、一通りポータルサイトをチェックしたら、地域の不動産会社のサイトもチェックします。


工務店など住宅施工をメインにしている会社でも、自社で土地を所有しているケースもあります。土地のみで売買してくれるかは、その会社によりますが希望に一致する土地の場合は、住宅建築を含めて検討してもよいでしょう。


おおよそ上記までの過程で、かなり情報を得ることはできますが、その他の方法としては不動産情報のチラシや希望する地域に直接行き、売地の看板を探すなどがあります。



住宅に適した土地とは?

土地とひとくくりにいっても、住宅に適しているもの、いないものがあります。住宅用地として探す場合は、次のような部分に注目しましょう。


道路への接し方

土地と道路の関係はとても重要です。法律により一般的な土地に2m以上接していない土地は建築の許可が出ないためです。プロの方なら理解していることですから紹介された物件なら安心ですが、自分で探すときには注意が必要です。


土地の形

土地のカタチは、建つ住宅に影響を与えるケースがあります。方角や近隣環境によって異なりますが、極端に変形している、または、奥行が少ない、間口が狭いなど個性が強い土地を選ぶときは、希望の住宅プランができるか検討しましょう。


近隣環境

土地そのもの条件がよく、希望の地域である場合、候補とする可能性が高い土地と判断できます。しかし、見落としがちなのが近隣環境です。たとえば、敷地の近くが墓地だったり、ゴミ処理場だったりする場合です。土地は簡単に売却できるものではありませんので、周辺環境もしっかりとリサーチすることをおすすめします。



予算に合う土地の探し方

条件の良い土地は、坪単価が高いことが多いものです。土地購入に資金を使いすぎてしまうと、住宅の方の予算が少なくなってします。予算内で探すときのポイントは次の通りです。


土地に求める条件を整理(学区、環境、職場近など)

学区や通勤距離、環境など土地に求める希望はたくさんありますが、予算内で探すときは優先順位を付けて、本当に必要な条件を絞り込んでいくことが大切です。また、土地は広いほど売買価格が高くなります。想定する住宅規模をコンパクトにするなどバランスも考えて検討しましょう。



土地だけに予算を使わないようにする

土地代金に予算をかけると、おのずと住宅に予算がまわらなくなり住まいの品質を落とす可能性があります。土地も財産ですから慎重に検討すべきものですが、長く暮らせる住宅を手に入れることも同じくらい大切です。

土地価格の安い地域で検討するなどバランスを考慮しましょう。



土地を探すときの注意点


土地は、同じものはふたつとないといわれます。そのため、条件に合う土地が見つかったら早々に検討して、できれば予約だけでもしておくと安心です。人気のある地域の土地は、ほかの人も常に探しています。見つけたときにすぐ対応できるように、購入予算を決めておくことや、手付金を準備しておくなど早め早めの行動をおすすめします。


とはいえ、いつも最新の土地情報を自分でチェックするのは手間がかかります。建築を予定する住宅会社を含めて不動産会社にあらかじめ希望に近い物件がでたら連絡をもらうように依頼しておきましょう。



まとめ

今回は、家づくりのはじめに取り掛かる土地探しについて、土地情報の探し方から土地の見分け方、予算内で土地を探すポイントや注意点などについてお伝えしました。


ふだん、土地の取引に不慣れな方が多いですからトラブルなどを防ぐためにも、不安なことはプロに相談し理想の家づくりを進めていきましょう。