リノベーション前の住宅ローンの借り方と気を付けるべきポイント!



家づくりやリノベーションの資金に、住宅ローンの利用を検討している方も多いでしょう。

しかし、ローン形式や金利の種類など、馴染みのない内容に触れることで不安を感じている方もいるのではないでしょうか。


そこで今回は、住宅ローンはどこで借りるか、金利の種類、ローン相談で気をつけるポイントなどをご紹介します。本格的な資金計画の第一歩としてお役立てください。



住宅ローンが借りられる金融機関

住宅ローンを借りるには、一般的に次のような金融機関を利用します。


  • フラット35

  • 民間金融機関

  • 公的住宅融資



フラット35

フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資をするものです。

借入期間は最長35年で、ずっと金利が変わらない全期間固定金利が特徴です。民間の金融機関が窓口になっており、地域の銀行などでも多く提携しています。金融機関によって審査内容、金利が異なります。



民間金融機関

都市銀行、地方銀行、信用金庫など一般的な銀行が取り扱う住宅ローンです。

ネット銀行も積極的に住宅ローンを取り扱うようになりました。銀行により審査内容、金利が異なり、また、給与振込みをする、預金するなどサービスを追加することで金利優遇を受けられることがあります。



公的住宅融資

財形住宅融資や自治体融資などを利用する住宅ローンです。

財形は制度を利用している企業に勤務している方が対象者です。主に大企業や中堅企業で制度化していることが多いでしょう。

自治体は、その自治体に住んでいる、または勤務していることが必要です。対象要件は各自治体により異なります。




金利タイプと返済の種類


金利には、主に「固定」と「変動」があります。また、返済には「元金均等」と「元利均等」があります。それぞれ詳しくみていきましょう。



金利の種類


固定金利

固定金利には「全期間固定金利」と「固定金利」があります。全期間固定金利は、フラット35のように住宅ローン契約期間中は、ずっと同じ金利が選択されます。

固定金利は、一定期間だけ固定金利が適用され、その後は変動金利にするか再び固定金利にするか選択できます。

一般的には、固定期間は2年、3年、5年、10年、15年などです。再び固定金利を選択するときは、その時点で選択できる固定金利になります。


変動金利

変動金利は、文字通り金利が変動するというものです。一般的には半年ごとに見直しされて、返済額は5年ごとに見直されます。

変動金利だと、膨大に金利が上昇したときに大変なことになるのでは?と不安に思うかもしれませんが、見直し後の返済額が増えたとしても従前の1.25倍以内というルールがあります。



返済方法


元金均等返済

毎月の元金返済額を一定額に設定し、そこに利息を加算した分を返済額とする方法です。返済額の中で元金は変わらず、利息額が毎月変わります。一般的には返済当初の負担が大きくなりますが、元利均等返済と比較して総返済額は少なくなります。


元利均等返済

毎月の返済が一定額となる返済方法です。毎月50,000円の返済額に決めた場合、元金と利息の合計額が毎月同じ50,000円になります。元金が減っていくと、50,000円の中で元金と利息の内訳が変わっていきます。


毎月同じ返済額であるため、家計管理がしやすく将来的な資金計画も立てやすいメリットがあります。

ただし、元金均等返済と比較して総返済額は多くなります。



住宅ローンとつなぎローン


住宅ローンを調べていると「つなぎローン」という言葉を耳にすることもあるでしょう。十分な自己資金を用意できない場合、つなぎローンを利用するケースは多くなります。いったいどのような融資なのでしょうか。



つなぎローンとは?

つなぎローンは住宅ローンを利用する人が、住宅ローン資金が手元に入るまでの間に発生する支払い部分について、立て替えてくれる資金です。


一般的な住宅ローンは、ローン審査が通り申込みできても、実際にお金が振り込まれるのは「住まいが完成した後」です。しかし、工事が着工されると住宅会社には、契約金や着工金、中間金などを支払わなければなりません。


そのため、住宅ローンを融資してくれる金融機関につなぎローンを申し込むことで、適切な時期に施主にかわり立て替え払いをしてくれます。



つなぎローン手数料

つなぎローンは、短期間であっても金融機関からお金を借りることになるため、手数料がかかります。融資を受ける期間、金額により手数料が異なります。リノベーションのように短期間の場合は、それだけ融資手数料も抑えられます。



相談時に気を付けるべきこと


住宅ローンを利用したいけど、何から相談すればよいかわからず、なかなか進められないという方もいるでしょう。はじめて住宅ローンを利用する人は、みんな同じような悩みを抱えています。窓口でも十分に理解してくれていますので気軽に相談してみましょう。


相談に行く際には、次のような資料を準備するとスムーズに運びやすいです。


  • 家族の年収がわかる資料(源泉徴収票や住民税納付書など)

  • 家づくりのおおよその予算を想定しておく

  • 土地、建物などの資料を準備


はじめて窓口に行くときは、「いくら借りられるか」を優先的に確認したくなると思いますが、金融機関も審査をする前は、なかなか答えることが難しいものです。

そのため、最低限、収入が証明できる資料を持っていくとよいでしょう。


また、普段から給与振込みや貯蓄などで利用している金融機関なら、利用状況がわかりやすいため、より内容の濃い相談ができる可能性があります。


金利の有利さも大切ですが、まずは住宅ローンの「いろは」を知るために、お付き合いのある金融機関に相談してみるのもおすすめです。

また、住宅会社や不動産会社は住宅ローンの知識も持っているため、建築部分と一緒に相談することもよいでしょう。



まとめ

今回は、住宅ローンをどこから借りるか、金利の種類や返済方法などについてご紹介しました。

住宅ローンを利用するのがはじめてで不安な方や、どこに相談すればよいか困っている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

金利や返済方法なども詳しくご説明させていただきます。