リノベーションする前に知っておきたい、間取りを考える5つのポイント



「家が欲しい」「物件を購入したい」そう思うとき、誰もが新生活を思い描いて心を躍らせます。

不安や疑問もたくさんありますが、家づくりとはワクワクするものですよね。


中古物件を間取りから一新する「リノベーション」も広く知られ、一般的な選択肢に。家づくりの可能性がさらに広がりました。


今回はリノベーションの間取りの決め方について、5つのポイントをご紹介。

リノベーションを検討されている方はぜひ参考にしてください。




今とこれからのライフスタイルを分析する


理想の住まいを手に入れるためには、「どんな風に暮らしたいか」をイメージするのはもちろんのこと、そのイメージを整理して設計者に伝えることがポイントです。


理想や要望を整理するのにおすすめしたいのが、今の生活を細かく振り返ってみること。


人にはさまざまな生活習慣があり、続けていきたいこともあれば、間取りの工夫や設備の導入で改善したいこともあるでしょう。


例えば、洗濯家事はライフスタイルや好みによって片付け方が変わってきます。ドラム式洗濯乾燥機で全て完了させる方法もあれば、ランドリールームに室内干しする方法も。日光にしっかり当てたいと考える方もいるでしょう。



「今までは外に干すのを当たり前にしてきたけれど、子どもが小学生になったのを機に働きたい。これからの生活を考えると、室内干しできる場所があった方が便利かもしれない……」このように、今とこれからのライフスタイルを分析していきます。


もちろん洗濯家事に限らず、あらゆる面で不便な点、改善したい点、継続したい生活習慣などを洗い出し、優先順位をつけておきましょう。


ライフスタイルを細かく分析することで、漠然としていたイメージが明確になり、理想の住まいに一歩近づけるのです。




マンションの共用部は変えられない


マンションリノベーションは、建築構造に影響のない壁を取り払い、間取りからつくり直します。

新築マンションを購入するよりもコストを抑えられ、細かいディテールまでこだわれる所が人気です。自分らしい暮らしを望む方にとって、価格以上のメリットがあるでしょう。



しかし、マンションならではの注意点もあります。


例えば、キッチンを移動したいというケースはよくありますが、共用の配管設備PS(パイプスペース)は動かせません。

PSからキッチンが離れるほど、排水の勾配が取りにくくなり、詰まりやすくなるといった問題が出てきます。解消法はいろいろありますが、知識として知っておきましょう。


また、窓やドアも共用部となるため変更することはできません。インテリアとの調和を考えると不満に感じることもあるでしょう。

マンションリノベーションは、「変えられない部分をいかに活かすか」が鍵になります。




戸建ては土地や立地条件で間取りが変わることもある


マンションのように管理規約がないため、さらに自由度が高いのが戸建てリノベーションです。一旦、家を骨組みの状態まで解体するので、耐震性や断熱性を付与することもできます。



一方で、立地や土地の形状はさまざまです。建築条件によって、間取りの制約が出てくることもあるでしょう。


住宅密集地であれば、採光のために2階リビングを勧められるかもしれません。

敬遠していた旗竿地(路地の一部だけが道路に接し、路地の先に敷地がある土地)の方が敷地に余裕があり、1階リビングを実現しやすいということもあります。

一例ですが、1階リビングをポイントに考えると、土地の選び方も変わってくるのではないでしょうか。




流行りの間取りや設備が便利とは限らない


アイランドキッチンやファミリークローゼットなど、ひと昔前には見かけなかった間取りや設備の人気が高まっています。

もちろん必要な人にとっては便利で快適な間取りになりますが、雑誌で見たから、友達の家にあって良さそうだから、といった理由で取り入れないようにしましょう。



アイランドキッチンは複数人で料理をしたり、キッチンでコミュニケーションを楽しんだりするには適していますが、常にキレイな状態を維持するのは大変です。キッチンが散らかっていると、リビングから丸見えになるので気になってしまいます。



家族の洗濯物を一か所に片付け、一括管理できるファミリークローゼットも魅力的です。しかし、お子様が年頃になってくると、プライバシーへの配慮も必要に。衣類は子ども部屋に収納できた方が良い、という考え方もあります。


たとえ人気があっても、自分にとって便利かどうかは分からないものです。自分の暮らしと照らし合わせて本当に必要なものかを判断しましょう。




リビングと個室のバランス


広いLDKは多くの人が望むポイントですが、個室の捉え方にはさまざまな考え方があるようです。


例えばお子様が小さい場合は、子ども部屋を用意しないケースも見られます。広々としたリビングの方がのびのびと遊べ、低学年のうちはリビング学習の方が勉強を教えやすいというメリットがあるからです。


お子様が小さい間は広いリビングを楽しみ、将来的に個室が必要になったときのために、コンセントや間仕切りの配置計画をしておくと安心ですね。



反対に、思春期のお子様はプライバシーの確保と勉強に集中できる環境が大切になります。

リノベーション段階で個室が必要になるでしょう。


他にも、リモートワークに対応できる環境は欠かせなくなりました。専用の部屋をつくる、他の部屋と兼用にする、リビングの一角に設けるなど、使用頻度で考えてみましょう。




理想のライフスタイルをイメージし、形にする


理想の住まいを考えるのは楽しい作業でもありますが、突き詰めると疲れてしまうことも。

家づくりに関する情報は膨大にあるので、情報の取捨選択ということも必要になってきます。


分からないことはリノベーションのプロにぜひご相談を。一緒に理想の住まいを形にしていきましょう。