リノベーションとリフォームの違いは? 費用感や進め方の紹介!

リノベーション設計図

数年前まで、中古住宅にはリフォームという言葉がつきものでしたが、最近ではリノベーションという言葉が身近な存在になっています。
それは、住宅リフォーム市場の拡大や改修ニーズの増加に加え、環境保護やコロナ渦の影響で、人々のライフスタイルに変化があることが要因と考えられます。リノベーションへの関心が高まっています。

とは言うものの「リノベーション」の内容をそこまで知らない方や、「リフォーム」と同じ意味で考えられている方も多いと思いますので、ここでは「リノベーション」と「リフォーム」の違い、メリット・デメリット、費用感や流れなどをご紹介していきたいと思います。

リノベーションって何?リフォームとの違いは?

「リノベーション」とは、中古住宅や既存の建物に対して、大小に関わらず施工を行い、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。


ライフスタイルに合わせて、住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、間取りや内外装を変更するなど、自由自在にアレンジできる魅力から、近年非常に人気が高まっています。これまで以上に、個性・価値観が尊重される住宅環境に再編集していく工事になります。

これに対して、「リフォーム」とは、老朽化した建物の設備交換や壁紙の張替え、外装の塗り直しなど、部分的な内装工事によって、新築の状態に戻すことをいいます。

現状回復とも言われ、経年劣化によって、マイナス状態になった住宅をゼロの状態に戻すような工事をいいます。

リノベーションのメリット・デメリットは?

「リノベーション」のメリットは、なんといっても自分のライフスタイルや暮らしに合わせて住まいをつくれることです。

空間を生活スタイルや趣味に合わせて、自由に設計できることや、デザインすることが楽しみの一つになります。以前は、住まいといえば新築という風潮もありましたが、リノベーションという方法が選択肢に加わり表現が増えました。

また物件の選択肢(エリアや物件数)が豊富であることも魅力です。マンションなどは、新築物件と比べると数が圧倒的に多いため、希望エリアなど選択肢が大きく広がることが利点です。

その他にも、資産価値の向上につながったり、新築物件に比べて価格がトータル的に割安になることもポイントです。

新築より低コストで済む場合が多いことも魅力の一つです。
 

このように、魅力的なリノベーションですが、デメリットは何かというと、暮らし始めまでの時間がかかることがあげられます。

リノベーションするための物件探しからプランニング、調査、改修工事まで決定事項が多いためです。時間が取りにくい忙しい方などは、再考の余地がありそうです。また築年数によっては、設備や資材の劣化から、耐震工事が必要になることもあります。耐震工事が加わると、費用が上がり、引き渡しまでの期間が長くなることもあります。

リノベーションにかかる費用はどれくらい?

リノベーションやリフォームにかかる費用は、マンションや戸建てといった住宅の種類、場所や広さ、改修内容により大きな幅があります。

部分的な工事であれば、費用は100万円から300万円台におさまるケースもありますが、間取りを大きく変える工事や建物を完全に解体し工事を進めていく大規模なものになれば、500万円から1,000万円以上する場合もあります。

内装のデザインやキッチン、トイレといった設備面、フローリングの材質変更などによって変わってきますので、工事の前段階で、しっかりとすり合わせ予算を決めていくことが大切です。

リノベーションの進め方は?流れをステップごとに紹介

リノベーションやリフォームを行う際の具体的な手順は次のようになります。

大きく分けると、<物件探しから購入>までと<リノベーション設計から工事>までの流れがあります。


中古物件を購入しリノベーションする場合、まずは物件を探し、事前審査の申し込み、通過後、契約に移ります。その後、住宅ローンの本審査となり、ここを通過すれば、住宅ローンを借りる条件が整い、金融機関での決済を踏んで引き渡しが行われます。所有権が売主から買主に移転します。


そこからは、いよいよリノベーション設計段階です。施主様のライフスタイルや将来思い描く暮らし方をしっかりとヒアリングし設計の準備にはいります。不動産売買契約を終えると同時ぐらいに、設計の打合わせに入れると理想です。

その後は、プラン内容や見積もりに対し、打合わせを重ね提案分を洗練させていきます。優先順位を明確にします。

ここが完成すれば、工事部分に関する契約を結び、工事に移り、最後にリノベーション会社による検査と施主検査を行い、問題がなければ引き渡しとうい流れです。

​①住まい探し

内見

事前審査

不動産売買契約

住宅購入

住宅ローンの本審査

ローン契約

​決済引き渡し

③リノベーション設計

ヒアリング

現場調査

プランニング

素材・設備選び

​見積もり

④施工

工事契約

工事

完工

​検査引き渡し

リノベーションで自分らしい暮らしを実現しょう!

リノベーションは、住居空間を自分たちの生活スタイルに合った、「楽しい暮らし」を実現するための工事です。リノベーションによって、住まいや暮らしを楽しくする工夫をし、自分らしい暮らしを実現していきましょう。

リノベーション用ディスクグラインダー